ヴォクシーのスライドドアが開かない!原因と修理代は?

うそ!

 

マジ!

 

ヴォクシーのスライドドアが開かないなんて!!

 

いきなりヴォクシーのスライドドアが開かなくなってショックを受けているそこのあなた!

 

ようこそ当サイトへお越しくださいました。

 

最初に言っておくと、実は私はつい最近あなたと同じ体験をしました。

 

いきなりスライドドアが開かなくなるとショックですよね!

 

ですのでここでは、原因と修理代、私の体験と、どうやってスライドドアを格安で直したかをシェアしますね。

 

ぜひ最後まで読んでいってください。

 

ヴォクシーのスライドドアが開かなくなる原因は?

 

ヴォクシーのスライドドアが開かなくなる原因は主に3つあります。

 

ここでは3つの原因について説明していきます。

 

@モーターの故障

 

スライドドアの主ともいえるのがモーターです。

 

このモーターがスライドドアの核となり、スライドドアを動かしています。
ですので、このモーターが故障すると、スライドドアが動きません。

 

Aゴムパッキンの劣化

 

スライドドアに欠かせない車の部品。それがゴムパッキンです。このゴムパッキンは雨、風を車内にいれないよう、ドアがしまった時に車体とスライドドアの間に上手く挟まってくれます。

 

水漏れしないように、水道にもパッキンがついているのと同じですね。

 

しかし、車が古くなるとこのゴムパッキンが劣化して形が変化してしまいます。

 

すると、このゴムパッキンがスライドドアにかんでしまいスライドドアが開かないといった事態が起こります。

 

Bワイヤーの破損や劣化

 

スライドドアはモーターともう一つ、とても重要な部品があります。

 

それが、ワイヤーです。

 

このワイヤーの役割は、モーターからの電力でワイヤーを使ってスライドドアを開け閉めしています。

 

このワイヤーが切れてしまったり、劣化してしまうとスライドドアが途中で止まって閉まったり、開かなくなったりしてしまいます。

 

いかがでしょうか?

 

以外な理由でスライドドアが開かなくなるというのがお分かり頂けましたでしょうか?

 

そしてここからが、電動スライドドアの修理代とできる限り予算を抑えてスライドドアを直す方法です。

 

まずは修理代ですが、ズバリ!

 

7万円〜10万円します。

 

かなりの高額ですよね!!

 

私も最初はこの金額を聞いて、目ん玉飛び出そうでしたが、本当なんです。

 

しかし、これからも故障が続きそうな車にこれだけの予算を掛けれるのでしょうか??

 

掛けられる方は、この後は読んでも時間の無駄だと思うので、すぐに車屋さんにいって修理をしてください。

 

しかし、

 

・なるべく安く済ませたい

 

・さすがに10万は出せない!

 

という方には、とっておきの方法があります。

 

それが、今乗っている車を売って、次の車に乗り換えるという方法です。

 

そしてこの方法を実現してくれるのが、車の一括査定という方法です。

 

このサービスは自分の愛車の走行距離や年数、グレードなど簡単な情報を入力するだけで、複数の買い取り業者があなたの車に査定をつけてくれます。

 

この中から、あなたの条件に合った金額を出してくれる買取業者に車を売ることができるんです。

 

もちろん、金額が気に入らなければ売らなくても大丈夫ですし、査定は無料です。

 

査定をしても、あなたが損をすることが一切ありません。

 

このまま故障を待つような車に数年間乗り続けるのか?

 

スパッと売って、新しい車に乗り換えるのか?

 

よければ検討してみてください。

TOPへ